米企業の高い利益率、持続可能なのか? – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » 01GDP(国内総生産) » 米企業の高い利益率、持続可能なのか? – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
01GDP(国内総生産), 実質成長率 コメントはまだありません



――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト

***

 「薄利多売」は周知のビジネスモデルだ。一方、厚い利幅で少量を売る方法でも幸せにやっていける。それができるのは高級ブランドや高度な工業製品といったところだろう。だが厚い利幅で大量販売するのは、ひどい独占企業か破壊的なテクノロジー会社、あるいはその両方だ。

 このところ、最大手級の企業が高い利益率を実現している。投資家にとって重要なのは「賃上げ圧力が高まっている今、そうした利益率は低下するのかど…





コメントを残す