3月の中国製造業PMIは51.5、大気汚染対策終了で予想上回る – ダイヤモンド・オンライン

Home » 01GDP(国内総生産) » 3月の中国製造業PMIは51.5、大気汚染対策終了で予想上回る – ダイヤモンド・オンライン
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



[北京 31日 ロイター] – 中国国家統計局が31日発表した3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.5と予想を上回る上昇となった。大気汚染を抑制するための生産制限措置が終了したことや、活発な建設活動を背景に鉄鋼生産が増えたことが要因となった。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は50.5だった。50が業況改善・悪化の節目となる。

2月は50.3と1年半ぶりの低水準だったが、多くのアナリストは春節(旧正月)の休日による統計のゆがみが原因で、消費が大きく落ち込んだわけではないと指摘していた。

第1・四半期の中国経済がアナリストの予想よりも加速していることを示す指標が増えており、3月のPMIもこうした見方を裏付ける形となった。

内需と外需に季節的な増加がみられ、生産指数は53.1と2月の50.3から大幅に伸びた。新規受注指数は51.0から53.3へ、輸出受注指数は49.0から51.3へそれぞれ上昇した。

中国物流情報センターはPMIの結果を受けて、第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率を6.8%程度と予想した。

3月のPMIは大企業で50を上回ったほか、前月は50を割り込んだ中小企業も同水準を回復した。

大気汚染への取り組みとして実施してきた生産制限措置が多くの地域で3月15日に終了したため、生産活動が活発化した。中国物流情報センターによると、鉄鋼部門のPMIは50.6と2月の49.5から上昇した。

一方、同時に発表された3月の非製造業PMIは54.6となった。前月は54.4だった。建設指数は2月の57.5から60.7へ上昇した。

製造業と非製造業を合わせた総合PMIは54.0。2月は52.9だった。





コメントを残す