【中国を読む】過剰投資に潜むリスク、まずは国有企業に対する政府保証の停止を – SankeiBiz

Home » 01GDP(国内総生産) » 【中国を読む】過剰投資に潜むリスク、まずは国有企業に対する政府保証の停止を – SankeiBiz
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



 □日本総合研究所・関辰一

 中国の過剰投資には大きなリスクが潜んでいる。1990年代、韓国では財閥の業容拡大によって過剰な設備投資が行われたが、97年にアジア通貨危機を契機に実体経済も悪化し始めた。韓国経済の投資依存度が高かった分、設備投資減少によるダメージは甚大であった。中国は、投資主導で高度成長を成し遂げた当時の韓国と比べても、投資比率が高い。中国では韓国以上に、何らかのショックによって投資減少スパイラルに陥るリスクが高いといえる。

 これまで中国経済は高成長を続けてきた。その過程で、将来に禍根を残しかねない問題も多く発生している。その一つは、経済成長における投資依存度の高さだ。

 企業による工場や事務所などの新設、不動産開発企業によるマンション建設、政府による鉄道や道路などのインフラ投資は、国内総生産(GDP)統計で「固定資本形成」という項目に計上される。中国の場合、過剰な設備投資が行われてきたため、固定資本形成がGDPに占める割合(投資比率)は長い間上昇を続けた。ここ数年では、政府が消費主導経済への転換を進めたため、投資比率の上昇にブレーキがかかったものの、それでも2017年時点の投資比率が43%と高水準であることに変わりはない。

過剰投資が生じた2つの要因





コメントを残す