18年度税収、59・1兆円…政府見積もり – 読売新聞

Home » 01GDP(国内総生産) » 18年度税収、59・1兆円…政府見積もり – 読売新聞
01GDP(国内総生産), 実質成長率 コメントはまだありません



 政府は2018年度予算案(一般会計)の税収の見込み額を59・1兆円程度とする方針を固めた。

 バブル景気で税収が伸びた1991年度以来、27年ぶりの高水準となる。税収増が歳出増を上回るため、新たな国の借金にあたる新規国債の発行額を8年連続で減らす。

 政府が、税収見積もりの前提となる18年度の実質経済成長率見通しを1・8%とするのを踏まえ、税収は17年度の見込み額(57・7兆円)より1・4兆円程度増える。

 新規国債の発行額は、17年度当初予算の34・4兆円から、33兆円台後半へ減らす方向で詰めている。安倍内閣は新規国債の発行を減らし、財政再建に配慮する姿勢をアピールする。

 一方、一般会計の総額は、97・7兆円程度とする方向で調整している。社会保障費の増加などにより17年度当初予算(97・5兆円)を上回り、6年連続で過去最大を更新する。

 政府は22日に18年度予算案を閣議決定する予定だ。





コメントを残す