7-9月GDP年率1.4%増、市場予想下回る-7期連続 – ブルームバーグ

Home » 01GDP(国内総生産) » 7-9月GDP年率1.4%増、市場予想下回る-7期連続 – ブルームバーグ
01GDP(国内総生産) コメントはまだありません



7-9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は7期連続のプラス成長となった。8期連続となった2001年1-3月期以来16年半ぶり。個人消費が高成長した前期の反動でマイナスとなったが、設備投資や外需の好調が全体を下支えした。市場予想は下回った。内閣府が15日発表した。

キーポイント

  • 実質国内総生産は前期比0.3%増、年率換算1.4%増(ブルームバーグ調査の予想中央値はそれぞれ0.4%増、1.5%増)
  • 個人消費は前期比0.5%減(予想は0.4%減)
  • 設備投資は0.2%増(予想は0.3%増)

背景

  世界経済と歩調を合わせ、輸出主導で日本経済も好転している。内閣府は9月の景気動向指数で、景気は「改善を示している」と判断。2012年12月に始まった今の景気回復局面が「いざなぎ景気」(1965年11月-70年7月)を超え、 戦後最長だった「いざなみ景気」(2002年2月-08年2月)に続く2番目の長さになることが確実となった。

  日本銀行が公表した10月の経済・物価情勢の展望(展望リポート)では、17年度の実質GDP成長率の見通し(政策委員の中央値)が1.8%増から1.9%増に上方修正された。先行きも緩和的な金融環境と政府の大型経済対策の効果を背景に「景気拡大が続く」と見込んでいる。



エコノミストの見方

  • SMBC日興証券の丸山義正チーフマーケットエコノミストは10日付リポートで、個人消費は「ならせば緩やかな拡大基調にある」との見方を示した。10ー12月期は株高による資産効果も期待できる可能性があるという。ただ賃金が伸び悩む中で消費者の財布のひもは緩んでおらず、「経済成長のけん引役たる役割を期待はできない」としている。
  • 第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストは13日付リポートで「GDP統計は、10月以降の日本株上昇を裏打ちする格好になるだろう」と予想した。外需は9月は米国のハリケーン被害の悪影響を受けたが「四半期を通じては顕著に増加した」と分析。10月の米国の自動車販売が持ち直していることから、外需は10ー12月も増加し「日本経済の拡大に貢献するだろう」とみている。
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す