【イラスト解説】投票前に確認!各党が考える「経済政策」は? – ホウドウキョク

Home » 01GDP(国内総生産) » 【イラスト解説】投票前に確認!各党が考える「経済政策」は? – ホウドウキョク
01GDP(国内総生産), 実質成長率 コメントはまだありません



週末の日曜日に迫った衆議院議員総選挙。

投票に行く前に気になるテーマを、各党の公約からまとめた。

二回目は各党が「経済政策」についてどう考えているのか。

自由民主党

B13d424a 16f1 442f 842a 92d38785033a

「生産性革命」と「人づくり革命」の2つの大改革を断行することによって、力強い消費を実現し、経済の好循環を完遂します。
2020年までの3年間を生産性革命の「集中投資期間」として、中小企業・小規模事業者も含め、大胆な税制、予算、規制改革などあらゆる施策を総動員して、企業の収益を設備投資や人材投資へ振り向けていきます。
「起業大国」を目指し、産業の新陳代謝と世界を変える「ユニコーン・ベンチャー」創出に向け、中長期の成長資金の供給拡大などの取り組みを加速します。

公明党

9a377d84 e325 4eb2 8520 0ea3771266d3

家計を守る軽減税率の導入や働き方改革を通じた消費喚起・可処分所得の向上と共に、潜在成長率を底上げする成長戦略、地方創生の取り組みを加速します。
第4次産業革命に対応する研究開発投資やICT、自動走行など先進技術を活用した社会課題の解決、生産性の向上など「成長戦略」を加速化します。

希望の党

027df97a d48f 464e ab33 1270e03e5623

金融緩和と財政出動に過度に依存せず、民間の活力を引き出す「ユリノミクス」を断行します。徹底した規制改革と特区を最大活用し、民間の活力を生かした経済活性化を図ります。
東京オリンピック・パラリンピックの成功に万全を期すとともに、日本と東京をアジアナンバー1の国際金融センターとして復活させるための規制や税制の見直しを断行します。
消費税増税を凍結し消費の冷え込みを回避する一方、300兆円もの大企業の内部留保に課税することにより、配当機会を通じた株式市場の活性化、雇用創出、設備投資増加をもたらす。

日本共産党

6200cff9 df5e 4a60 96ec 677e8087552c

1%の富裕層・大企業のためでなく、99%の人々のために、経済民主主義の改革をすすめます。
大企業や富裕層ばかりを応援する経済政策を転換して、格差と貧困をただし、国民の暮らしを応援する経済民主主義の改革をすすめます。

立憲民主党

06a0d183 e054 4c4a 9017 74e288b755df

中間層を激減させたままでは、本当の意味で活力ある経済は再生しません。
実質賃金の上昇によって中間層を再生します。
また、地方の基幹産業である第1次産業を支え、食と地域の安心を守ります。
所得税・相続税、金融課税を始め、再分配機能の強化をすすめます。

日本維新の会

33801d62 0a5d 4948 ba06 6211b4f312d5

規制で守られ、補助金頼みの古い業界や団体が、新規参入や競争を阻み、税金を吸い上げて、国の活力を奪っている。
身を切る改革で財源を生み出し、徹底規制緩和で日本経済を強化。

社会民主党

3f6e03e5 2697 4fdb 8e7f 450576c82ea4

大企業や富裕層の優遇によって経済成長を目指すアベノミクスではなく、一人一人の生活や地域、中小企業を元気にする「ボトムアップの経済政策」を通じ、GDPの6割を占める個人消費を温め、実感ある景気回復を実現します。

日本のこころ

4f8420dc 91ac 4b2f 8a17 2aa00b0a2547

消費税マイレージ制度の導入で『払う消費税から、貯める消費税へ』マインド・チェンジ。
消費した分が将来的に還付されるとなれば、冷え切った消費意欲が再び喚起される。
それは実質的な減税だ。
異次元の財政政策を出動し、個人消費の拡大による経済活性化を図る。
投資効果の高い公共事業の拡大を図り、老朽化した社会資本の更新・高度化を図ることにより、経済の活性化・効率化を目指す。

vol.8





-.-

vol.7





5.0

vol.6





5.0

vol.5





5.0

vol.4





4.5

→ 一覧へ





コメントを残す