NY原油(2日):反発、過去最高のガソリン需要で需給不安和らぐ – ブルームバーグ

Home » 01GDP(国内総生産) » NY原油(2日):反発、過去最高のガソリン需要で需給不安和らぐ – ブルームバーグ
01GDP(国内総生産), 名目成長率 コメントはまだありません



2日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計でガソリン需要が過去最高を記録したことが明らかになり、シェール原油増産が需給を悪化させるとの懸念が和らいだ。

  スコシアバンク(トロント)の商品ストラテジスト、マイケル・レーベン氏は「在庫統計を消化し、深く分析したところ、実は需要が極めて強いことが分かり、しかも強い状況が続きそうなことが判明した。相場が戻したのはそのためだ」と説明した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比43セント(0.87%)高い1バレル=49.59ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は58セント上昇の52.36ドル。

原題:Oil Rises as Record Gasoline Demand Allays Shale Boom Worries(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す