〔ロンドン金属〕銅、反発(17日) 1 – minkabu PRESS

Home » 01GDP(国内総生産) » 〔ロンドン金属〕銅、反発(17日) 1 – minkabu PRESS
01GDP(国内総生産), 実質GDP コメントはまだありません



 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで107.50ドル高の5965.25ドル、3カ月物は104.50ドル高の5984.75ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は70.00ドル高の5996.00ドル。
 この日発表された4〜6月期の中国の実質GDP(国内総生産)が前年同期比6.9%増と底堅い結果となり、市場で銅需要をめぐる強気の見通しが広がった。弱含みのドル相場も支援材料となった。
 英アクセンド・マーケッツのアナリスト、マイク・ファンダルケン氏は「銅相場は3月上旬以来約4カ月半ぶり高値に急伸した」と話した。
 サクデン・フィナンシャルは非鉄リポートで「予想を上振れした中国のGDPがサプライズとなり、午前の市場は活況を呈した。ただ午後に入ると、焦点はさえないニューヨーク州製造業景況指数に移った」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は2.25ドル安の1900.75ドルと続落し、3カ月物は4.00ドル高の1924.75ドルと反発した。カーブ取引は8.00ドル安の1919.00ドル。
 ▽ニッケル=直物は200.00ドル高の9577.50ドルと続伸し、3カ月物は225.00ドル高の9642.50ドルと続伸した。カーブ取引は20.00ドル高の9600.00ドル。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は37.50ドル高の2301.00ドル、3カ月物は43.00ドル高の2325.50ドルと、いずれも3日ぶりに反発した。カーブ取引は19.50ドル安の2296.50ドル。(CN82に続く)
[時事通信社]

時事通信





コメントを残す