サマータイム賛成派がひと月で大幅減、NHK調査で51%→27% 「賛成がまだ27%もいることに驚く」という反応も – キャリコネ

Home » 調査 » サマータイム賛成派がひと月で大幅減、NHK調査で51%→27% 「賛成がまだ27%もいることに驚く」という反応も – キャリコネ
調査 コメントはまだありません



サマータイム導入の議論が進む中、NHKが実施した世論調査に注目が集まっている。9月19日、NHKは「政治意識月例調査」の9月の調査結果を発表した。同調査は毎月行われていて、8月からはサマータイム導入の賛否も調査項目に入っている。

「東京オリンピック・パラリンピックの暑さ対策として、夏に生活時間を早めるサマー・タイムを導入することに賛成ですか、反対ですか。それともどちらとも言えませんか」と聞いた8月の調査では、賛成51.1%、反対11.6%、どちらとも言えないが28.6%と、賛成が圧倒的に多かった。

一方、同じ質問文で聞いた9月の調査では賛成が26.8%、反対43.1%、どちらとも言えないが21.6%と、賛成が半減し、反対が30ポイント以上増えている。9月の調査はこれまで同様、携帯電話や固定電話の番号を無作為抽出してかけるRDD追跡法で行われた。回答率は57%で、こちらも前回・前々回と比較し大きく変動していない。

「賛成している27%はサマータイムの何に夢を見ているんだ」





コメントを残す