パイロットお疲れ?実態調査し年度内に新基準案 : 社会 : 読売新聞 … – 読売新聞

Home » 調査 » パイロットお疲れ?実態調査し年度内に新基準案 : 社会 : 読売新聞 … – 読売新聞
調査 コメントはまだありません



 国土交通省は、パイロットの疲労管理を欧米並みに厳しくするため、フライトがどの程度、疲労に影響するかを調べる実態調査を始めた。国内でパイロット不足が懸念される中、過度な負担が危険を招くことを未然に防ぐ狙いもあり、国交省は調査結果をもとに、今年度中に基準案をまとめる方針だ。

 1992年から運用されている現行の日本の疲労管理基準では、連続して乗務できる時間を2人乗務で国内線8時間、国際線12時間に制限するなどの規定はあるが、離着陸回数や乗務する時間帯などは考慮されていない。

 一方、欧米では、2009年に米コルガン・エア機が米ニューヨーク州で墜落し、乗客乗員全49人と住民1人が死亡した事故の後、疲労管理が厳格化された。





コメントを残す