351カ所で不適合疑い 三重のブロック塀調査 – 日本経済新聞

Home » 調査 » 351カ所で不適合疑い 三重のブロック塀調査 – 日本経済新聞
調査 コメントはまだありません



 三重県は29日、大阪北部地震を受けたブロック塀の調査で、建築基準法施行令に適合しない疑いがあるブロック塀が県有施設や公立、私立学校など計246施設351カ所で見つかったと発表した。周囲の立ち入りを禁止し、注意喚起する。

 県によると、法令で定める補強用の控え壁がなかったり、高さ(2.2メートル以下)を上回ったりした壁があった。不適合とは別に、基礎や鉄筋にひび割れや破損もあった。

 今後詳細に調査した上で、撤去や補強などの対策を検討する。

〔共同〕





コメントを残す