北朝鮮タンカー“瀬取り”相手の不明船、中国政府「調査中」 – TBS News

Home » 調査 » 北朝鮮タンカー“瀬取り”相手の不明船、中国政府「調査中」 – TBS News
調査 コメントはまだありません



22日

19時09分

0分40秒

北朝鮮タンカー“瀬取り”相手の不明船、中国政府「調査中」

 北朝鮮のタンカーが東シナ海で、船体に中国語が書かれた小型船との間で、国連安保理の制裁決議に違反する物資の積み替え、いわゆる“瀬取り”を行っていた疑いについて、中国政府が調査を行っていることを明らかにしました。

 日本政府は、上海の東およそ250キロの公海上で今月16日、北朝鮮船籍のタンカーと小型船が横付けし、違法な物資の積み替え、いわゆる「瀬取り」を行っていた疑いがあるとして、国連安保理の北朝鮮制裁委員会に通報しました。小型船の船籍は不明ですが、船体には「福建寧徳市」などと中国の地名が書かれていました。

 「現在調査している。確かな証拠が見つかれば、中国の法律にのっとって厳正に処分する」(中国外務省 耿爽報道官)

 中国外務省の耿爽報道官は「事態を重く見て調査を行っている」とした上で、中国が管轄する個人や企業が国連安保理の制裁決議に違反する行為に関わっていた場合は、厳正に処分する姿勢を示しました。





コメントを残す