<環境省>対馬はユーラシアカワウソ ふん解析 全島調査 – エキサイトニュース

Home » 調査 » <環境省>対馬はユーラシアカワウソ ふん解析 全島調査 – エキサイトニュース
調査 コメントはまだありません

 環境省は12日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県・対馬で8〜9月に実施した生息調査の結果を発表した。カワウソの個体は見つからなかったが、新たに採取したふんの遺伝子解析の結果、韓国やロシア・サハリンにすむユーラシアカワウソの近縁種が生息していると断定した。

 調査責任者の佐々木浩・筑紫女学園大教授(動物生態学)は「(かつて各地にいた)ニホンカワウソとは種の系統が異なる」と述べ、ユーラシアカワウソが韓国から対馬へ流れ着いた可能性を指摘した。

 対馬では今年2月、琉球大の研究グループが自動撮影装置にカワウソ1匹が映っているのを確認。7月に環境省が行った緊急調査でカワウソのふんが見つかったため、同省は全島で生息調査を進めていた。

 その結果、新たに海岸や川の近くでカワウソのふん4個が見つかり、カワウソの成体のものとみられる足跡も確認された。ふんの遺伝子解析で、少なくともオスのユーラシアカワウソ1匹が生息していると判明。個体数については結論が出ず、分析を続けるという。

 ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市で確認されたのが最後とされる。環境省は2012年に公表したレッドリストで、ニホンカワウソの絶滅を宣言した。【五十嵐和大

コメントを残す