溶けた核燃料、まだ確認できず 福島1号機ロボット調査 – 朝日新聞

Home » 調査 » 溶けた核燃料、まだ確認できず 福島1号機ロボット調査 – 朝日新聞
調査 コメントはまだありません



 東京電力は22日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内で21日に行ったロボット調査でも、溶け落ちた核燃料を確認することができなかったと発表した。溶けた核燃料が存在する可能性がある4地点を調査したが、配管や堆積(たいせき)物などがあって見えなかった。

 溶けた核燃料の一部は、圧力容器直下の筒状のコンクリートの内側から出入り口を通じて格納容器の底に漏れ出ている可能性がある。21日は、出入り口から1~2メートル離れた4地点でカメラと放射線量計が一体となった計測器を冷却水の中に垂らした。

 だが、格納容器の底から0・9~1・6メートルの高さに配管や堆積物があり、底の様子は確認できなかった。付近の水中の放射線量は毎時3~7・4シーベルトだった。

 ロボットによる調査は18~22日の5日間。東電は21日までの調査結果を公表したが、核燃料は確認できていない。22日は、出入り口に最も近い地点を改めて調べている。(富田洸平)





コメントを残す