LGBT調査 半数以上が学校でいじめを経験 | NHKニュース – NHK

Home » 調査 » LGBT調査 半数以上が学校でいじめを経験 | NHKニュース – NHK
調査 コメントはまだありません



LGBT調査 半数以上が学校でいじめを経験

k10010921781_201703232100_201703232148.mp4

同性愛や性同一性障害などLGBT=性的マイノリティーの人たち、およそ1万5000人が回答したアンケート調査で、半数以上が学校生活でいじめを経験し、そのおよそ7割が「先生はいじめの解決に役に立ってくれなかった」と思っていることがわかりました。

調査は、性的マイノリティーの子どものいじめに詳しい宝塚大学の日高庸晴教授が、生命保険会社の委託でインターネットを通じて行い、去年7月から10月までに10代から90代までのLGBTの人たち、およそ1万5000人が回答しました。
それによりますと、小学校から高校までの学校生活でいじめられた経験があると答えた人は58%で、このうち64%が「ホモ・おかま」など言葉によるいじめを受けたと答えました。
いじめに遭っていたとき、先生はいじめの解決に役に立ってくれたと思うかと尋ねると、14%が「そう思う」、68%が「そう思わない」、18%が「わからない」と答えています。
一方、これまでの学校生活で同性愛についてどのような情報を得たかについては、「一切習っていない」が68%、「否定的な情報を得た」が17%、「『異常』なものとして習った」が5%で、「肯定的な情報を得た」は8%でした。
日高教授は「LGBTの子どもは、いわゆる『男らしさ』、『女らしさ』から外れてしまうといじめに遭いやすい。先生たちが自分の教室にLGBTの子がいるかもしれないことや、いじめられる可能性があることを認識し、授業で取り上げたり、肯定的なメッセージを発したりすることが重要だ」と話しています。

いじめを経験した大学生

都内に住む、21歳のゲイの大学生です。高校2年生のとき、自分がゲイであることをカミングアウトしたところ、いじめが始まったといいます。
当時の日記には、男子更衣室に入ると中にいた生徒が一斉に出ていき、「女子更衣室で着替えろ」と言われたり、親しくしていた友人からゲイであることを批判されたりしたことが綴られています。
時には、同級生から蹴られるなど暴力も受けたということですが、いちばんつらかったのは、生徒からだけでなく教師からも「お前と話していると俺まで『ホモ』だと思われる」と言われたことだといいます。
男性はいじめを受けていることを別の教師に相談しましたが、「冗談で言っているだけだ」と言われて絶望し、「自殺をしたらわかってくれるのか」とまで考えるようになったといいます。
男性は「学校がこの問題に向き合ってくれることを期待したが、なかったことにしようとしていると感じた。クラスや学校全体のLGBTの人に対する考えや教育の在り方を変えなければ同じことが繰り返されるだけだと思う」と話しています。





コメントを残す