「尊敬する人」母親が初めて父親上回る 小中学生調査 – NHK

Home » 調査 » 「尊敬する人」母親が初めて父親上回る 小中学生調査 – NHK
調査 コメントはまだありません



18日は「父の日」ですが、民間の研究所が小中学生を対象に行ったアンケート調査で、70%近くが母親を「尊敬する人」と答え、初めて父親の割合を上回りました。

この調査は、博報堂生活総合研究所が子どもの生活や意識について10年ごとに調べているもので、ことしは首都圏に住む小学4年生から中学2年生の800人を対象に行いました。

この中で、父親と母親それぞれについて「尊敬する人」、「友達のような人」、「どうでもよい人」のどれに当てはまるか聞きました。

その結果、父親を「尊敬する人」と答えた割合は10年前と比べて2.1ポイント減って、61.5%でした。一方、母親を「尊敬する人」と答えた割合は7.2ポイント増えて68.1%となり、20年前の調査開始以来、初めて父親の割合を上回りました。

この結果について博報堂生活総合研究所は、この10年で働く母親が増え、仕事と子育てを両立する姿を見て、母親を尊敬する子どもが増えたのではないかと分析しました。

そのうえで、父親は子どもとのコミュニケーションを増やし、みずからの仕事について理解を深めてもらうことも必要なのではないかと話しています。





コメントを残す