首相 稲田防衛相は徹底して調査 引き続き職責を – NHK

Home » 調査 » 首相 稲田防衛相は徹底して調査 引き続き職責を – NHK
調査 コメントはまだありません

安倍総理大臣は衆議院外務委員会で、南スーダンのPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題について、稲田防衛大臣には徹底して調査を行い、再発防止を図る責任があるとして、引き続き、職責を果たしてもらいたいという考えを示しました。

この中で、安倍総理大臣は南スーダンのPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題を受けて、稲田防衛大臣を交代させるよう求められたのに対し、「閣僚の任命責任は、すべて内閣総理大臣たる私にある」と述べました。

そのうえで、「稲田大臣には徹底的な調査を行い、改めるべき点があれば、大臣の責任において徹底的に改善し、再発防止を図ることにより、その責任を果たしてもらいたい」と述べ、稲田大臣に引き続き、職責を果たしてもらいたいという考えを示しました。

また、安倍総理大臣は、稲田大臣が大阪の学校法人「森友学園」の籠池理事長との関係をめぐる国会答弁を訂正したことを踏まえ、「国会審議における質問に対しては、今後とも誠実に答弁していただきたいと考えている」と述べました。

一方、稲田防衛大臣は陸上自衛隊が日報を保管していた問題について、監督責任が問われるとして辞任を求められたのに対し、「防衛省・自衛隊に対する国民の信頼を大きく損ないかねず、私の責任の下で、徹底的に事実を解明したうえで、防衛省、自衛隊に隠蔽体質があるのであれば、そこを改善していくため、しっかりと取り組んでいく」と強調しました。

コメントを残す