iOS12のバージョン別シェアは53%〜Appleの統計が2種類に – iPhone Mania

Home » 統計 » iOS12のバージョン別シェアは53%〜Appleの統計が2種類に – iPhone Mania
統計 コメントはまだありません



Apple ios
 
Appleが、現地時間9月17日にリリースしたiOS12が、過去4年間に発売されたデバイスの53%にインストールされていることを明らかにしました。

今回から統計が2種類に

Appleは現地時間10月11日にデベロッパー向けサポートベージをアップデートし、iOSのバージョン別シェアを発表しました。なお今回から、従来の「すべてのデバイス」に、「過去4年間に発売されたデバイス」という統計が新たに追加されました。そのため円グラフも2種類掲載されています。
 
Appleの統計によれば、過去4年間に発売されたデバイス(2014年9月以降に発売されたもの)では、iOS12のシェアが53%に達しています。一方すべてのデバイスでは、iOS12のシェアは50%となっており、若干ですが数字に違いがあることがわかります。
 
データ解析を行うMixpanelによれば、10月8日時点でのiOS12のシェアは54.92%、iOS11は38.31%、それより古いiOSは6.77%となっています。
 

Mixpanel_Trends_

Mixpanelの統計データ

iOS11を上回るiOS12の普及速度

iOS12の普及速度は、昨年のiOS11のペースを上回っています。2017年10月初旬時点では、iOS11は約38.5%のデバイスにしかインストールされていませんでした。iOS11がシェア50%を達成したのは、11月に入ってからのことです。
 
iOS12のインストール率が順調に伸びているのは、同OSがユーザーの操作により素早く機敏に反応するように改良され、カメラの起動やキーボード表示が高速化されたほか、iPhone5sを含む古いモデルでもパフォーマンスを改善するよう設計されているためと思われます。
 
現在公開されている最新のバージョンは、Lightningケーブルに接続してもすぐに充電が始まらない問題などを修正したiOS12.0.1です。
 
開発者と登録ユーザー向けには、iOS12.1ベータ3が公開されています。

 
 
Source:Apple,Mixpanel
(lunatic)





コメントを残す