【まもなく】米・9月ADP雇用統計の発表です(日本時間21:15) – ザイFX!

Home » 統計 » 【まもなく】米・9月ADP雇用統計の発表です(日本時間21:15) – ザイFX!
統計 コメントはまだありません



  • 2018年10月03日(水)22時03分
    欧州外国為替市場概況・22時 ユーロドル、じり安

     3日の欧州外国為替市場でユーロドルはじり安。22時時点では1.1529ドルと20時時点(1.1553ドル)と比べて0.0024ドル程度のユーロ安水準だった。欧州勢の参入後にユーロ売りが強まった流れを引き継いだ。9月ADP全米雇用報告が予想より強い結果となり、米長期金利が上昇幅を拡大すると売りが加速。モスコビシ欧州委員が「イタリア財政赤字の対GDP比2.4%は、欧州連合(EU)の財政規律違反となる可能性」などの見解を示したことも重しとなり、一時1.1528ドルと日通し安値をつけた。

     ドル円は上値が重い。22時時点では113.87円と20時時点(113.82円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。ADP全米雇用報告の発表後には米金利の上昇に伴って、一時113.90円と本日高値に面合わせする場面も見られた。もっとも、同水準や昨日高値の114.02円、1日高値の114.06円などが目先のレジスタンスとして意識されるなか、買いの勢いも長続きしなかった。

     ユーロ円はさえない。22時時点では131.28円と20時時点(131.50円)と比べて22銭程度のユーロ安水準だった。全般にユーロ安が進んだ流れに沿って、一時131.20円台まで弱含んだ。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:113.52円 - 113.90円
    ユーロドル:1.1528ドル - 1.1594ドル
    ユーロ円:130.97円 - 131.98円

  • 2018年10月03日(水)21時24分
    【市場反応】米9月ADP雇用統計、予想上回り2月来最大、ドル高

     米国の民間部門雇用者数を示すADP雇用統計の9月分は前月比+23万人と、伸びは予想の+18.4万人を上回り2月来で最大となった。

    ドル・円は113円82銭から113円90銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1554ドルから1.1539ドルまで下落した。

    【経済指標】
    ・米・9月ADP雇用統計:前月比+23.0万人(予想:+18.4万人、8月:+16.8万人←+16.3万人)

  • 2018年10月03日(水)21時24分
    【市場反応】米9月ADP雇用統計、予想上回り2月来最大、ドル高

    [欧米市場の為替相場動向]

     米国の民間部門雇用者数を示すADP雇用統計の9月分は前月比+23万人と、伸びは予想の+18.4万人を上回り2月来で最大となった。

    ドル・円は113円82銭から113円90銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1554ドルから1.1539ドルまで下落した。

    【経済指標】
    ・米・9月ADP雇用統計:前月比+23.0万人(予想:+18.4万人、8月:+16.8万人←+16.3万人)

  • 2018年10月03日(水)21時19分
    ドル円113.90円前後、9月ADP全米雇用報告は23万人

     ドル円は113.90円前後で堅調推移。9月ADP全米雇用報告は23万人となり、8月の16.8万人(修正値)から改善した。米10年債利回りは3.08%台に上昇した。

  • 2018年10月03日(水)21時18分
    【ディーラー発】ユーロ軟調(欧州午後)

    午後に入ってもユーロの軟調地合いは継続。対ドルは東京時間の上げ幅をほぼ削ると1.1542付近まで下落、対円が131円35銭付近まで売られた。また、ポンドもメイ英首相の演説への反応は限られ、対ドルが一時1.2962付近まで値を下げ本日安値を更新、、対円が147円57銭付近まで反落する場面がみられた。そうした中、ドル円は引き続き113円85銭前後で方向感に欠ける値動きとなっている。21時18分現在、ドル円113.894-897、ユーロ円131.505-510、ユーロドル1.15463-467で推移している。

  • 2018年10月03日(水)21時16分
    【速報】米・9月ADP雇用統計は予想を上回り+23.0万人

     日本時間3日午後9時15分に発表された米・9月ADP雇用統計(民間雇用者数)は予想を上回り、+23.0万人となった。

    【経済指標】
    ・米・9月ADP雇用統計:+23.0万人(予想:+18.4万人、8月:+16.8万人←+16.3万人)

  • 2018年10月03日(水)21時09分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:10月3日

    [欧米市場の為替相場動向]

    10月3日(水)(注:数値は市場コンセンサス、前回数値)
    ・21:05 バーキン米リッチモンド連銀総裁講演
    ・21:15 米・9月ADP雇用統計(予想:+18.4万人、8月:+16.3万人)
    ・22:45 米・9月サービス業PMI改定値(予想:53.0、速報値:52.9)
    ・23:00 米・9月ISM非製造業景況指数(予想:58.0、8月:58.5)
    ・03:00 ブレイナード米FRB理事講演(決済システム関連)
    ・03:15 メスター米クリーブランド連銀総裁講演(地域金融関連会合)
    ・05:00 パウエル米FRB議長が討論会参加
    ・メイ英首相が保守党大会最終日で演説
    ・中国休場(国慶節、7日まで)

  • 2018年10月03日(水)21時09分
    【まもなく】米・9月ADP雇用統計の発表です(日本時間21:15)

     日本時間3日午後9時15分に米・9月ADP雇用統計(民間雇用者数)が発表されます。

    ・米・9月ADP雇用統計
    ・予想:+18.4万人
    ・8月:+16.3万人

  • 2018年10月03日(水)21時03分
    ドル・円は113円78銭から113円90銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     3日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円78銭から113円90銭で推移した。欧州株は全面高、米株先物も上昇するなか、欧州通貨は売られ気味だったが、ドル・円は小動きが続いた。

     ユーロ・ドルは1.1543ドルから1.1578ドルで推移し、ユーロ・円は131円37銭から131円89銭で推移した。ポンド売りに連れ安気味になった。

     ポンド・ドルは1.2963ドルから1.3017ドルで推移。英保守党大会でのメイ首相の演説を控え、ポンド売りが優勢になった。ドル・スイスフランは0.9856フランから0.9887フランで推移した。

    [経済指標]
    ・英・9月サービス業PMI:53.9(予想:54.0、8月:54.3)
    ・英・9月総合PMI:54.1(予想:53.9、8月:54.2)
    ・ユーロ圏・8月小売売上高:前月比-0.2%(予想:+0.2%、7月:-0.6%←-0.2%)

    [要人発言]
    ・エバンス米シカゴ連銀総裁
    「米国経済はエンジン全開の状態」
    「今後数年間は良好となる見通し」
    「金融市場の12月利上げ観測に違和感はない」

  • 2018年10月03日(水)20時09分
    欧州外国為替市場概況・20時 ドル円、113円後半でもみ合い

     3日の欧州外国為替市場でドル円はもみ合い。20時時点では113.82円と17時時点(113.88円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。17時過ぎに113.90円まで日通しの高値を更新した後、113.80円台で動きが鈍い。時間外の米債利回りの上昇、ダウ先物・欧州株の底堅い動きに下支えられるも、ドル円の一段の上昇には手がかり不足か。
     21時15分には米雇用統計の前哨戦とされる9月ADP全米雇用報告の発表が予定されている。

     ユーロドルは上値が重い。20時時点では1.1553ドルと17時時点(1.1579ドル)と比べて0.0026ドル程度のユーロ安水準だった。イタリア財政問題や英国のEU離脱問題への警戒感は強く、アジアタイムにつけた1.1594ドルを高値に1.15ドル半ばに押し戻された。
     イタリアの連立政権を構成する「五つ星運動」の関係筋は、政府が財政赤字目標を2020年はGDP比2.2%以下、21年は2%以下に抑制する可能性があると明らかにした。

     ユーロ円はじり安。20時時点では131.50円と17時時点(131.85円)と比べて35銭程度のユーロ安水準だった。ユーロドルの高値から離れる動きにつられ、ユーロ円も131円半ばまで押し戻された。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:113.52円 - 113.90円
    ユーロドル:1.1536ドル - 1.1594ドル
    ユーロ円:130.97円 - 131.98円

  • 【人気急上昇中】トルコリラのスワップポイント業界最高水準!みんなのFX

  • 2018年10月03日(水)20時05分
    ドル・円は113円78銭から113円90銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     3日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円78銭から113円90銭で推移している。欧州通貨が売られ気味となるなか、ドル・円は小動きになっている。

     ユーロ・ドルは1.1551ドルから1.1578ドルで推移し、ユーロ・円は131円48銭から131円89銭で推移している。ポンド売りに連れ安気味になっている。

     ポンド・ドルは1.2980ドルから1.3017ドルで推移。英保守党大会でのメイ首相の演説を控え、ポンド売りが優勢になっている。ドル・スイスフランは0.9856フランから0.9875フランで推移している。

  • 2018年10月03日(水)19時39分
    NY為替見通し=複数のFRB高官発言やイタリア予算案関連のヘッドラインに要警戒

     本日のNY為替市場のドル円は、米10年債利回りが3.07%台で推移していることや5日の米9月雇用統計を控えて底堅い展開ながら、トランプ米大統領の脱税報道やカバノー米連邦最高裁判事候補に関する続報、英国やイタリア発のヘッドラインへの警戒感から上値は限定的か。
     本日は、英保守党党大会の最終日を迎えてメイ英首相が演説しているが、2016年と2017年の演説では、ポンドドル下落、ポンド円下落となったことで、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に対するリスク回避の円買いに要警戒か。
     イタリアの予算案に関しても、欧州連合(EU)の財政規律によりユーロドルの下落、ユーロ円の下落によるリスク回避の円買い要因となっていることで、予算案に関する要人発言や報道には要警戒か。
     また、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)でのフォワードガイダンス「緩和的」の削除に関して、バーキン米リッチモンド連銀総裁、ブレイナードFRB理事メスター米クリーブランド連銀総裁、そしてパウエルFRB議長の講演に注目することになる。
     トランプ米大統領に関しては、脱税疑惑に関する報道の進展、及び、ドル高けん制発言、さらに、カバノー連邦最高裁判事候補に関するネガティブサプライズにも要警戒か。
     経済指標では、9月ADP全米雇用報告、9月米サービス部門PMI改定値、9月米総合PMI改定値、9月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数などが発表される。

    想定レンジ上限
    ・ドル円の上値めどは2017年11月7日高値114.34円、その上は2017年11月6日高値の114.73円。

    想定レンジ下限
    ・ドル円の下値めどは一目均衡表・転換線の113.18円、その下は一目均衡表・基準線の112.22円。

  • 2018年10月03日(水)19時15分
    ドル・円は小動き、トルコリラは下げ渋り

    [欧米市場の為替相場動向]

     ドル・円は欧州市場で一時113円90銭まで強含んだが、足元は113円80銭付近で小動き。米株式先物のプラス圏推移、米10年債利回りの上昇でドル買いに振れやすいものの、ユーロ・円が緩やかに値を下げ、ドル・円の重石となっているようだ。

     一方、本日発表されたトルコの9月消費者物価指数は大きく上昇し、同国経済への先行き懸念でリラ・円は弱含んだ。ただ、来週にもインフレ抑制策が発表される見通しとなり、リラ売りは後退した。

     ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円78銭から113円90銭。ユーロ・円は131円53銭から131円89銭、ユーロ・ドルは1.1558ドルから1.1581ドルで推移。

  • 2018年10月03日(水)18時25分
    【ディーラー発】ユーロ買い一服(欧州午前)

    欧州勢が参入するとユーロ買いの流れが一服。対ドルが1.1558付近まで下落、対円が131円53銭付近まで売られ上値重く推移。対照的にポンドはメイ英首相の演説を前に買いが先行すると対ドルが一時1.3016付近まで買われ、対円が148円21銭付近まで上昇した。ドル円は日経先物低下幅縮小に伴い113円90銭付近まで反発したものの、同水準では売り圧力が強く現在は113円85銭前後で揉み合う状況となっている。18時25分現在、ドル円113.799-802、ユーロ円131.584-589、ユーロドル1.15628-632で推移している。

  • 2018年10月03日(水)18時22分
    東京為替概況:ドル・円は反発、ユーロ・円の買い戻しに連れる

     今日の東京市場で、ドル・円は反発。113円52銭まで下落後、113円89銭まで上昇した。日経平均株価の下落を手がかりにドル売り・円買いが先行。その後、イタリア政府が予算計画で財政赤字を圧縮することを目指すとの報道を受けて、ユーロ・円が買い戻されたことからドル・円も連れて買いに転じた。

     ユーロ・円は130円97銭まで下落後、131円98銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1536ドルから1.1594ドルまで上昇した。

    ・17時時点:ドル・円113円80-90銭、ユーロ・円131円80-90銭
    ・日経平均株価:始値24219.19円、高値24260.63円、安値24030.59円、終値24110.96円(前日比159.66円安)





  • コメントを残す