強制手術の資料残らず、裏付け困難 県内、救済への道遠く 統計の746人、特定できず /静岡 – 毎日新聞

Home » 統計 » 強制手術の資料残らず、裏付け困難 県内、救済への道遠く 統計の746人、特定できず /静岡 – 毎日新聞
統計 コメントはまだありません



 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、強制手術の必要性を判断した資料が残っていないことが県などの調査を難しくしている。県内では746人が強制手術を受けたとする県の統計はあるが、12日現在では県聴覚障害者協会に15人分の強制手術の申告があるだけで、県は強制手術を受けた人を特定できていない。国会では救済法の立法が議論されているが、県内でどれだけの救済につながるかは不透明な状況だ。【松岡大地、島田信幸】

 「高等部にいた時、保護者が集められた会で、校長が『不妊手術をすれば結婚相手を探す』と話していたと(…



この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1226文字)




コメントを残す