ブラジル地理統計院=今年の農業生産予想を上方修正=それでも昨年比では6.8%減 – ニッケイ新聞

Home » 統計 » ブラジル地理統計院=今年の農業生産予想を上方修正=それでも昨年比では6.8%減 – ニッケイ新聞
統計 コメントはまだありません



広大な国土を持つブラジルは、農業が主要産業だ(参考画像・Orlando Kissner/ANPr)

広大な国土を持つブラジルは、農業が主要産業だ(参考画像・Orlando Kissner/ANPr)

 ブラジル地理統計院(IBGE)が11日、今年の穀物、豆類および油糧種子の生産量は2億2430万トンとなる見込みと発表した。
 この数字は、昨年12月の雨量が増えた事を加味して、昨年11月に発表した2億1950万トンとの予想を2・2%上方修正したものだ。それでも、2017年が記録的な豊作(2億4060万トン)だったため、昨年の実績と比べると6・8%減となる。



※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について



コメントを残す