九州経済圏、輸出26%増 2月貿易統計 スマホ関連好調 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 統計 » 九州経済圏、輸出26%増 2月貿易統計 スマホ関連好調 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
統計 コメントはまだありません



 門司税関が22日発表した九州経済圏(九州7県と山口・沖縄県)の2月の貿易統計(速報)によると、輸出額は前年同月比26.3%増の7143億円となり、スマートフォン(スマホ)用などの半導体の製造装置がけん引した。輸入は9.5%増の5026億円。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2117億円で、26カ月連続の貿易黒字となった。

 輸出は4カ月連続のプラス。半導体等製造装置は、次期iPhone(アイフォーン)などスマホ用半導体の需要増を受け、韓国向けが4.1倍を記録したほか、中国向けも2.0倍と大幅な伸びが目立った。

 また、自動車は依然として多目的スポーツ車(SUV)がけん引。米国向けが98.3%増と伸びが目立ち、アラブ首長国連邦(UAE)向けも94.1%増となった。

 輸入は3カ月連続で増加。原油などは数量では約1割減となったものの、単価の上昇が続いているため、56.7%増となった。また、ナフサなどの石油製品もUAEやカタールからが増えた。





コメントを残す