欧州外為早朝 ポンド下落 米大統領がメイ政権の「白書」批判 – 日本経済新聞

Home » 白書 » 欧州外為早朝 ポンド下落 米大統領がメイ政権の「白書」批判 – 日本経済新聞
白書 コメントはまだありません



【NQNロンドン=椎名遥香】13日早朝のロンドン外国為替市場でポンドは対ドルで下落して始まった。英国時間8時時点は1ポンド=1.3150~60ドルと前日16時時点と比べて0.0070ドルのポンド安・ドル高だった。訪英中のトランプ米大統領が英大衆紙サンとのインタビューで、12日にメイ政権が公表した欧州連合(EU)からの離脱方針(白書)を批判したのが重荷となっている。

 同インタビューでトランプ大統領は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す