おいしい、の一言が嬉しい おうちごはん白書 – エキサイトニュース

Home » 白書 » おいしい、の一言が嬉しい おうちごはん白書 – エキサイトニュース
白書 コメントはまだありません



 おいしいものができれば、もちろん嬉しい。でも、一緒に食べる人がほめてくれるのは、やはり料理のモチベーションになる。クックパッドの「おうちごはん白書」で、料理が楽しいと感じる瞬間は、「ほめてくれた時」が1位だった。

 全国の20~60代の男女10,000人(女性4,999人、男性5,001人)に実施したネット調査。まず、料理をする頻度だが、女性は年代が高いほど「ほぼ毎日」料理をする人の割合が高く、60代では8割以上。一方、男性では「ほぼ毎日」料理をするのは60代で2割弱、その他の年代は1割で、相変わらず男女の料理頻度に大きな差があることが浮き彫りになった。

 次に「料理が楽しい」と感じるタイミングだが、「自分で食べておいしいと思える料理ができたとき」はもちろん、「自分以外の人がおいしいとほめてくれたとき」が僅差で上位に並んだ。また次いで「食材をうまく使い切ったとき」と「段取りよく料理することができたとき」も僅差だった。女性に限ってみると、「ほめてくれたとき」が全体よりも7ポイント高く、1位だった。

 また、「食事メニューの中で、一品でも完成まで一人で作った」という年齢が低い人ほど、料理が楽しくなっているようだ。10歳以下でこういう経験をした人では、約6割が「楽しい」と回答した。





コメントを残す