将来勉強したいこと、1位「プログラミング」…子供の科学読者白書 – リセマム

Home » 白書 » 将来勉強したいこと、1位「プログラミング」…子供の科学読者白書 – リセマム
白書 コメントはまだありません



 10月10日発売の「子供の科学」11月号では、読者アンケートの結果を集計・分析した「読者白書2017」を掲載している。将来勉強したいことは、これまで1位・2位を独占していた医学や宇宙開発分野をしのいで「プログラミング」が1位に躍進した。

 子供の科学(KoKa)読者白書は、全国のKoKa読者から寄せられたアンケート結果を集計して、科学好きな子どもたちの傾向を分析したもの。

 読者の基本データについて、男女比は「男の子」67.7%、「女の子」32.3%で男子が多いものの、近年は女子が増加傾向にある。学年別にみると、小5、小6、小4の順番で多く、小学校高学年(4~6年生)で読者全体の67%を占めている。居住地別にみると、上位5位は東京都、大阪府、神奈川県、兵庫県、愛知県で、おもに都市圏に住む子どもたちが読んでいる。

 4月号のアンケート集計結果によると、子供の科学に出てほしい有名人は、1位「でんじろう先生」、2位「ピコ太郎」、3位「さかなクン」、4位「はじめしゃちょー」、5位「水谷豊(杉下右京)」。テレビで活躍する科学系タレントが上位にランクインする中、ピコ太郎、はじめしゃちょーといったYouTubeの人気者がランクインした。

 2017年9月号アンケート集計結果によると、将来勉強したいことは、1位「プログラミング」、2位「ロボット」、3位「医学」、4位「宇宙開発」、5位「人工知能」。これまで1位・2位を独占していた医学や宇宙開発分野をしのいで、「プログラミング」「ロボット」「人工知能」といったITやエンジニアリング分野を学びたいという読者が多い傾向がみられた。





コメントを残す