貞淑美女タレントの性白書 滝沢カレンvsマギー 25歳ハーフ美女の性器は … – エキサイトニュース

Home » 白書 » 貞淑美女タレントの性白書 滝沢カレンvsマギー 25歳ハーフ美女の性器は … – エキサイトニュース
白書 コメントはまだありません

 「芸能界では相変わらず“ハーフタレント”の活躍が目立ちますが、今が旬といえば、この2人でしょう」(芸能記者)

 まず1人目の滝沢カレンは、父親がウクライナ人、母親が日本人のハーフで、1992年5月13日・東京生まれの25歳。
 「’08年、『ミス・セブンティーン』のグランプリに選ばれ、同年より専属モデルとして活動開始。’11年には横文字系ファッション雑誌『JJ』の専属モデルにも抜擢されました」(モデル関係者)

 エキゾチックな見た目に加えて、身長170センチ、B81・W58・H85とスタイルも抜群のカレンだが、タレントとして注目されるようになったのは、その“おかしな日本語”にあった。
 「日本生まれの日本育ちなんですけど、彼女のお母さんがロシア語の通訳をしていて、カタコトの日本語を話すロシア人が近くに多かったせいで、日本語がおかしくなったようです」(芸能プロ関係者)

 そこに目をつけたのが、“お笑い界のモンスター”明石家さんまだった。
 「自分がMCを務めている人気番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にカレンを出演させたのです。’15年の6月だったと思います」(テレビ局関係者)

 度々、話の筋が見えない発言をし、他の出演者から、
 「何歳から日本で暮らしているの?」
 と鋭い突っ込みを入れられたカレン。さんまの予感は的中したのだ。

 その後、『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した際には、さんまと共演した感想を、
 「大御所だからどうどうなのかな、と思っていたけど、私なんかの挨拶にもどうじてくれたので、それは心残りです」
 と伝わるようで、まったく伝わらなかったおかしなコメントで笑いを誘った。

コメントを残す