格差ハッキリ!“都市力ランキング” あなたの街は… – www.fnn.jp

Home » ランキング » 格差ハッキリ!“都市力ランキング” あなたの街は… – www.fnn.jp
ランキング コメントはまだありません



日本で一番魅力的な都市はどこなのか、初の都市力ランキングが発表された。

3日、東京の研究機関が発表したのは、それぞれの都市が持つ特性を明らかにする初の調査「日本の都市特性評価2018」。

森記念財団理事・市川宏雄氏

「おのおのの都市が、どういう力を持てるのか、どういう発展性があるか。この2つについて焦点を置いております」

調査対象となった主要72都市の中で、トップ30を地図に表わしたもの。

関東から九州にかけて集中していることがわかる。

気になるトップ3のうち、第3位は大阪市。

その大阪を上回り、第2位となったのが福岡市。

そして、堂々の第1位に選ばれたのは、世界的な観光地・京都市。

文化、交流の分野で、圧倒的に高い評価を獲得した。

今回の調査では、環境や生活・居住など、都市を構成する6つの分野を設定。

さらに、それらを細分化した指標で各都市を評価し、スコアを算出した。

一方、調査の対象にはなったものの、残念ながらトップ30に入らなかった都市。

150万人都市でありながら、ランク外となった川崎市もその1つ。

分野ごとの順位は、72の都市のうち、環境が70位、生活・居住67位、文化・交流60位と低い結果になっている。

街の人「(結果を受けて?)なんか、わかる気がする…」、「意外です、めちゃくちゃ意外。10位くらいに入ると思ってました」

環境のスコアが低かった理由の1つは、「自然環境の満足度」の低さ。

川崎駅前には、いくつか街路樹が立っているが、少し寂しい印象を受けた。

また、臨海部に多くの工場が立ち並び、古くから課題となってきた「空気のきれいさ」でも低い評価となった。

川崎市民(20代)「洗濯物は、すごく汚れちゃいます。すぐ取り込まないと。空気が汚いから」

また、生活・居住の分野については、住宅の広さや病院・診療所の多さなどの点でかなりの低評価に。

文化・交流については、観光地の数などで一定の評価を得たものの、観光客誘致の積極度で評価を下げた。

川崎市の担当者は、取材に対し、「調査結果を見ていないのでコメントできない」としている。

しかし、低い評価だけではない。

川崎市が高い評価を獲得したのは…。

川崎市民(20代)「便利だよね。バスも乗れるし、電車も乗れるから」

川崎市民(30代)「JRもそうですし、バスもそうですし、ほかの路線もあるので(便利)」

JR川崎駅は、東海道線や京浜東北線など、複数の路線が乗り入れるターミナル駅。

近くには京急線も通っていて、羽田空港にも1本で行けることなどから、交通・アクセスの分野は、72都市中、トップクラスの5位となっている。

川崎市民(70代)「確かに、緑は少ないかもわかりませんけど、住みやすいです。買い物は便利だし、交通にも便利」

都市が持つ魅力と、課題の一部を示した今回の調査。

その特性をどのように生かし、改善へと結びつけるのか。

それぞれの都市の力が問われている。





コメントを残す