バド桃田、世界ランキング1位へ 日本男子で初の快挙 – 日本経済新聞

Home » ランキング » バド桃田、世界ランキング1位へ 日本男子で初の快挙 – 日本経済新聞
ランキング コメントはまだありません



 バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が22日、中国オープンで決勝に進出し、世界連盟が27日に発表する最新世界ランキングで現在の2位から1位に就くことが決まった。シングルス、ダブルスを通じ、日本男子の世界1位は史上初の快挙。女子はシングルスで山口茜(再春館製薬所)、ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)らが1位になっている。

 24歳の桃田は中国オープン準決勝で世界3位の石宇奇(中国)に2―0で勝った。世界1位のビクトル・アクセルセン(デンマーク)を抜き、石宇奇に逆転される可能性もなくなった。

 桃田は2016年4月7日付で世界2位となったが、その後の違法賭博問題による出場停止処分を受け、ランキングからも抹消。17年7月に国際大会復帰を果たし、282位でランキングに戻った。今年1月からは日本代表となり、世界選手権で初優勝。16日までのジャパン・オープンも初制覇し、ランキングのポイントを加算した。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!





コメントを残す