「金持ち県民、貧乏県民」ランキング トップは商才に長ける福井県、貧困に陥りそうなのは… (1/7ページ) – SankeiBiz

Home » ランキング » 「金持ち県民、貧乏県民」ランキング トップは商才に長ける福井県、貧困に陥りそうなのは… (1/7ページ) – SankeiBiz
ランキング コメントはまだありません



 金銭トラブルが多い山梨県民、消費者ローン利用1位の沖縄県民、老後の計画性がない秋田県民……。日銀のお金に関する全国調査で、貧困に陥りそうな県が明らかに。あなたの地元は大丈夫?

 お金の知識がないと下流老人になる時代

 秋田県民の72.3%は老後の生活費の計画を立てていない……そんな衝撃的な調査結果がでた。実施したのは、金融広報中央委員会(事務局:日本銀行情報サービス局)。18歳から79歳までの全国2万5000人を対象にした「金融リテラシー調査」だ。年代、性別、都道府県分布を人口構成に合わせた大規模調査は世界でも例がなく、海外でも報道されている。

 「国内外で金融リテラシー向上への関心が高まっています。一方で少子高齢化が進み、資産形成における自助努力の必要性も高まっている。振り込め詐欺やインターネット取引でのトラブルも、なお多い。お金との付き合い方は必要不可欠な生活スキルとなっています。そこで現状を把握する目的で調査を実施しました」。

 と語るのは、「金融リテラシー調査」を担当した日銀・金融知識普及グループ長の川村憲章氏。確かに、幸せな老後を送るために、金融リテラシーは必須の時代になったと言えよう。

(プレジデント社より引用)

(プレジデント社より引用)

 調査内容は「老後の生活費について資金計画はあるか」といった、お金についての行動特性や考え方を尋ねる設問が約半分。加えて25の正誤問題も出題された。読者には解けるだろうか?

 〈出題例〉

 「人生の3大費用といえば何を指すか」

 「金利が上がったら債券価格はどうなるか」

 「預金保険制度で1000万円まで保護される預金の種類は」

 「10万円の借り入れがあり、借入金利は複利で年率20%。返済しないと、何年で残高が倍になるか」

金融リテラシーの低さは県民性に由来する?





コメントを残す