呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

Home » モニタリング » 呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)
モニタリング コメントはまだありません



ホーム > 呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達

uHoo-05
uHoo
Image credit: uHoo

多くの名高いスタートアップのように、uHoo の物語も学生寮から始まった。共同設立者 Dustin Onghanseng 氏と Brian Lin 氏は、香港でMBAプログラムの勉強をしていた際、頻繁なアレルギーの発作に苦しんだ。

室内で吸っていた空気が原因だとわかったのです。(Onghanseng 氏)

苦しんでいるのは自分たちだけでない、と二人は気づいた。研究によれば、空気質がいいと健康や生産性が向上する。チャンスを感じ取った二人は、学生寮で最初の試作品を作った。設置した部屋の空気質を測定するデバイスだった。

今日、彼らが開発したデバイスは世界中に輸出されている。シンガポールを拠点とする uHoo の空気モニターは、空気質に影響する二酸化炭素、大気中化学物質、粒子状物質、一酸化炭素など9つの要素を探知する。

<関連記事>

uHooは10月28日、ブリッジラウンドとして米ドルで7桁前半(数百万ドル)の資金調達を発表した。Wavemaker Partners と Seeds Capital がリードし、既存投資家 East Ventures も投資に参加した。

1年2ヶ月前にローンチした uHoo は消費者に直接デバイスを届けているが、法人顧客も確保している。オフィスや病院、学校、ホテルで使用されており、不動産デベロッパーの Ascendas-Singbridge やオランダ政府なども顧客だ。

正確な収益や成長率は明らかにされていないが、15社の法人顧客を擁しているという。収益の多くは消費者への売上からだが、法人向けビジネスの方が将来有望であると考えている。

デバイスは1台あたり329米ドル。法人プランには年間利用料が含まれるが、複数デバイスの管理や、uHoo と他社ソフトウェアや構築システムを同期する API など、追加機能も提供している。

現在、シンガポール、香港、フィリピン、オランダに10人のフルタイム従業員を配置している。興味深いのは、ビジネスの多くがヨーロッパや北アメリカから来ているということだ。

Onghanseng 氏は、ヨーロッパや北アメリカでは「空気質の重要性への意識が高いこと、健康改善のために積極的にお金を払うこと」などが理由だと考える。

四つ星か破滅か

uhoo_capture1
uHoo のアプリ
Image credit: uHoo

消費者市場と法人市場の両方に同時に取り組むことは、独自の難題をもたらす。

B2C 市場は、B2B 市場と全く考え方が異なります。ニーズは似ていますが、違う方法で組み立てていく必要があります。(Onghanseng 氏)

uHooは、空気モニターの必要性を人々に納得させる、という課題にも直面している。東南アジアでは室内空気コンサルタントを雇うのが一般的だ。理解できないことだが、と Onghanseng 氏は言う。

今の業界が重点的に取り組んでいるのは、空気の測定を平均15分間で行い、その15分間でオフィスやビルの1年間の空気の全ての状態を推測することなのです。(Onghanseng 氏)

消費者を勝ち取るには、Amazonでの良い製品レビューに勝るものはない。uHooもAmazonに掲載している。

最低でも平均で四つ星は獲得したいところです。(Onghanseng 氏)

Onghanseng氏は言う。四つ星を獲得すると、その製品は「Amazon’s Choice」というラベルがつけられ、Amazon サイト内での検索結果が向上するのだ。

uHoo は2019年後半にシリーズ A ラウンドの資金調達を予定しているが、金額は未定だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-





コメントを残す