4kが眠たく感じる⁉ プロ仕様の8K対応360度カメラ「Insta360 Pro 2」。価格は68万円 – Engadget 日本版

Home » モニタリング » 4kが眠たく感じる⁉ プロ仕様の8K対応360度カメラ「Insta360 Pro 2」。価格は68万円 – Engadget 日本版
モニタリング コメントはまだありません



Insta360 Pro 2 の主な仕様は下記の通り。

サイズ:直径143mm
重量: 1550g(バッテリー含む)
静止画:8k3D(7680×7680)
    8k2D(7680×3840)
動画:8k2D HDR(7680×3840@30fps)
8k3D (7680×3840@30fps)
8k2D (7680×3840@60fps)
6k2D3D (6400×6400@60fps)
4k2D3D (3840×3840@120fps)
レンズ: F2.4 210°×6
写真フォーマット:JPEG / DNG/RAW
動画フォーマット:mp4/ i-Log
ストレージ:6枚のmicroSDカード + 1枚のSD カード
手ブレ補正: FlowState手ブレ補正
ジャイロスコープ: 9軸ジャイロ
スティッチング: Optical Flow / Template
対応OS: Windows / Mac / iOS / Android

Insta360 Pro 2には、Farsightという発信機と受信機がセットになった遠隔映像モニタリングシステムが付属します。これは、360度カメラ特有の、すべてが見えてしまうが故に、撮影者やスタッフ、荷物など映したくないものが映ってしまう問題などを解決するシステム。

Farsightは、地面距離300メートル、地面から空中距離1キロメートルから撮影を確認できます。尚、通常はWifiモニタリングを使いますが、Wifiモニタリングだと、接続が安定しない、接続距離が短い、遅延などが起こりやすいため、Farsightが開発されたとのこと。

Insta360 Proは撮影したデータをSDカード1枚で保存していましたが、Insta360 Pro 2は6つのレンズにそれぞれにmicroSDカードスロットがあり、撮影した動画データを保存します。これにより、ビットレートを最大限まで上げ、より高画質の撮影が可能とのこと。

また、Insta360 Pro 2には、SDカードスロットもあります。ここには、静止画、手ブレ補正のデータとAdobe Premiere Pro編集用のプロキシ素材ファイルが保存されます。撮影データは、Insta360 Pro 2をPCに接続するとひとつのフォルダにまとめてくれるようです。

Insta360 Pro 2は、前述したAdobe Premiere Pro編集用のプロキシ素材ファイルの保存により、Premiere Proでの編集の使い勝手も上がっています。大きな変更点として、編集する前にスティッチングする必要がなくなりました。また、8kデータで撮影した素材もプロキシファイルを使うことで高負荷がかかることなく編集ができます(書き出しするときは8kデータで書き出し)。

と、ここまでInsta360 Pro 2について紹介をしてきましたが、8kで撮った映像をどうやって8kで見るかの問題があります。Insta360では、CrystalViewという技術を使い、Insta360 Pro 2で撮影した映像を専用のファイル形式にすることで、スマートフォンなどで8kの再生に対応しました。

視聴者が見ている部分だけを8kにして、見えていない部分の画質を落とすことで対応しているそうです。実際にGear VRとGalaxy S8の組み合わせで8k映像の体験をしてみましたが、4kが眠たくなるような映像の綺麗さで、勢いよく後方に振り返ったりなど、激しく動いても画質が落ちることはありませんでした。アプリ名はInsta360Momentで、Oculus Go、Samsung Gear VRなどに対応します。

Insta360 Pro 2 は本日8月21日から予約販売を開始。発送は9月中で、Insta360公式ストア、ハコスコ、ビックカメラほかで発売。国内価格は68万円(税込)です。





コメントを残す