Arduinoで工作機械の見える化を安価に実現、CTセンサー用シールド – TechFactory

Home » モニタリング » Arduinoで工作機械の見える化を安価に実現、CTセンサー用シールド – TechFactory
モニタリング コメントはまだありません



 ラピスセミコンダクタは2017年6月、工作機械の稼働状況モニタリングを後付けで実現する電流検出用中継基板「CT Sensor Shield」の販売を開始した。

 新製品は電流センサー(CT:Current Transformer センサー)が出力する信号を実効値に変換する回路を搭載しており、同社マイコンボード「Lazurite Sub-GHz」に差し込めば、工作機械の電流ケーブルから得た稼働状況を無線でゲートウェイに送信するエンドデバイスが容易に出来上がる。




ラピスセミコンダクタのシールド「CT Sensor Shield」とマイコンボード「Lazurite Sub-GHz」を組み合わせた工作機械の稼働状況見える化例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す