賢いモニタリングデバイスで、大切な観葉植物を常に健康に – エキサイトニュース

Home » モニタリング » 賢いモニタリングデバイスで、大切な観葉植物を常に健康に – エキサイトニュース
モニタリング コメントはまだありません
  • 植物の「今」を計測し、スマートフォンに送信するワイヤレス植物センサー「Flower Power」
  • 植物の成長に欠かせない 4つの要素「温度」「土の水分」「肥料量」「日当たり」を計測
  • 測定は植木鉢など植物のそばに本体をさしておくだけ

植物の[今]をワイヤレスでモニタリングするセンサーがなんともいい

植物の状態を計測することが可能

フランスのParrot社は、植物の「今」を計測し、スマートフォンに送信するワイヤレス植物センサー「Flower Power」を開発。

植物を育てるのは意外に難しいもの。

うっかり枯らしてしてしまうなんてことも。

そんなことが少しでもなくなれば、いいですよね。

動画を見る

「Flower Power」を開発したParrot社とは?

アンリ・セイドゥが1994年に創業したParrot社は 先進テクノロジーを搭載した製品を販売するフランスのワイヤレス機器メーカーです。

自動車向けのハンズフリーキットの分野では最もは広い製品ラインナップを提供し 様々なメディア機器を扱う企業として世界中から認められています。

ドローンやカーナビ、ワイヤレス分野での高い技術をオーディオ機器部門にも生かし、ヘッドホンやスピーカーなども開発。

これからも目が離せない企業です。

4つの要素を分析

via:MODERNITY

「Flower Power」は植物の成長に欠かせない 4つの要素「温度」「土の水分」「肥料量」「日当たり」を計測。

測定は植木鉢など植物のそばに本体をさしておくだけ。

温度の測定

サーミスタと呼ばれるセンサーで計測。植物ごとに異なる許容温度の範囲を通知します。

肥料の計測

肥料レベルを知るために電気誘導性を計測し、土のイオン度を基準に肥料の含有量を分析します。

土壌湿度の測定

湿度は誘電性を基準とし、誘電性が高いほど土壌の湿度も高くなります。

日当たりの計測

光は植物にとって欠かせない光合成に必要な要素です。

コメントを残す