タイヤの空気圧と温度をリアルタイムにモニタリング!『AirSafe』を4月1日に新発売 – SankeiBiz

Home » モニタリング » タイヤの空気圧と温度をリアルタイムにモニタリング!『AirSafe』を4月1日に新発売 – SankeiBiz
モニタリング コメントはまだありません



バスク株式会社(本社:埼玉県志木市、代表取締役:小笠原 孝嗣)は、タイヤの空気圧管理でドライブシーンを安全にサポートする、TPMS(Tire Pressure Monitoring System)の新製品「AirSafe(エアセーフ)」を2017年4月1日に販売開始いたします。
車内にいながらタイヤの空気圧をリアルタイムに確認できる、新しい安全運転サポート製品です。

「AirSafe(エアセーフ)」
http://airsafe.jp/

【「AirSafe」の役割】
車両の日常点検におけるタイヤの空気圧チェックは空気圧計で直接計測するしかないため、つい怠りがちです。タイヤ内部のセンサーからのデータを車内で目で見て確認できる「AirSafe」は、空気圧管理の手間を軽減し、タイヤトラブルを未然に防止します。

気づかないうちにタイヤの空気圧が低下していると、走行抵抗が増大して燃費の悪化、走行安定性の低下、タイヤの偏摩耗、損傷、アルミホイールの損傷による出費増大、高速走行中のスタンディングウェーブ現象によるバーストの危険性などにつながります。

タイヤの「今」の空気圧と温度を監視できる「AirSafe」は走行中のタイヤの異常を感知すると即時に警告を発するため、このようなタイヤに起因するアクシデントを未然に防ぎます。
また、パンクによって楽しいドライブを台無しにしたり、事業車両の営業損失を招くリスクを最小限にし、さらには重大事故につながる走行中のバーストを抑止するなど、安全でエコなドライブに貢献いたします。

【「AirSafe」の特長】
自動車メーカー純正部品同等の精度と現在最高レベルの感度を持つセンサーを使用しているため、空気圧とタイヤ内温度を正確にモニタリングし表示します。
また、日本国内の電波法をクリアする315MHzの周波数への適合を完了しています。

1.タイヤモニター機能
車内に装着するレシーバー(表示部)に、空気圧とタイヤ内温度をワイヤレス通信でリアルタイムに表示するため、毎回車外に出て空気圧計を使用しての空気圧点検の手間を省きます。
一度取り付ければ特別な操作は必要ないので、女性ドライバーにもストレス無くご使用いただけます。

2.ワーニングアラーム機能
空気圧とタイヤ内温度の異常を検知すると、アラーム音と点滅表示で警告を発します。特にドライバーが気づきにくくトラブルに発展しやすいスローリーク(ゆっくりと空気が抜けるパンク)も見逃しません。

3.取り付けが簡単で正確なモニタリング性能
センサーは欧州車純正装着部品と同様に、タイヤホイールのエアバルブと共にタイヤ内側に装着するため、正確な空気圧と温度をモニターできます。
市販の殆どのアルミホイールへ装着可能です(一部特殊形状アルミホイール、鉄ホイールを除く)。取り付けはタイヤ交換のプロへご依頼ください。

【「AirSafe」の概要】
製品名称      : AirSafe(エアセーフ)
販売開始日     : 2017年4月1日
メーカー希望小売価格: 36,800円(税抜)
URL         : http://airsafe.jp/

現在、AirSafeの取り扱いをご希望の事業者様、ディストリビューター様を広く募集しております。
レシーバー(車内モニター)無しでスマホで空気圧を確認できるBluetooth(R)タイプ、2輪車専用タイプもラインナップ準備中です。

■会社概要
商号  : バスク株式会社
代表者 : 代表取締役 小笠原 孝嗣
所在地 : 〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3-7-17
創立  : 2004年11月
設立  : 2015年3月
事業内容: 自動車部品販売業
URL   : http://airsafe.jp/





コメントを残す