小池知事定例会見3月10日(全文3完)やはりモニタリング結果をよく見て検討 – THE PAGE

Home » モニタリング » 小池知事定例会見3月10日(全文3完)やはりモニタリング結果をよく見て検討 – THE PAGE
モニタリング コメントはまだありません

朝日新聞:朝日新聞の〓オカ 00:30:37〓です。

小池:〓大丈夫ですよ 00:30:40〓。

朝日新聞:すいません、朝日新聞のオカです。先ほど幹事社からの質問にもあったんですけども、築地市場と豊洲市場のお話、ちょっと知事の回答が分かりづらかったので重複するかもしれませんが、要するに土壌の中から有害物質が検出されて、環境基準以上の。で、その上はただコンクリートで覆われているというのは豊洲も築地も同じ状況にあるわけなんですけれども、これは何か違いがあるというふうに知事はお考えになるのでしょうか、安全・安心の面で。

小池:例えば豊洲につきましては覆われているといいましても、その間に例えばモニタリングを延長したことによって盛り土をすべきだと言っていた部分が実はされていなかったとか、地下水のモニタリングについては、これは私は延期の最大の理由にさせていただいた。地上と地下と分けるっていう考え方と、それがいったい、消費者としての理解とその選択に、実際に消費者はそれだけ合理的な考え方をしてくれるのかどうかっていうのはクエスチョンマークだと思っております。

 そのことを、私はやはりモニタリングの結果をよく見て、そして今後の対応策でございますけれども、平田先生のところ、もしくは、もしくはというか、ともに市場PTともにそれの対応策について今後検討していただけるものだと、こう思っておりますけれども、そういった消費者の信頼を得る努力を私自身がするためにも、そのような科学的な成果、そして論拠ということを確認していきたいと思っております。地上と地下で分けるうんぬんの話はそういう論もあるでしょう。しかしながら消費者がそうやって、これは地上です、地下ですと考えてくれるかどうかっていうことに多くの努力を割かなければならないと、こう思っております。

朝日新聞:築地に関しては専門家会議のほうをつくるというのは考えてないですか。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

コメントを残す