その論理だと今回のこの不適切な水質モニタリングの責任は全て小池さんが負わなければならない。これまでのブーメランだ – 3月5日のツイート – BLOGOS

Home » モニタリング » その論理だと今回のこの不適切な水質モニタリングの責任は全て小池さんが負わなければならない。これまでのブーメランだ – 3月5日のツイート – BLOGOS
モニタリング コメントはまだありません



豊洲調査の業者“都の指示で不適切な採水” #日テレNEWS24#日テレ #ntv http://www.news24.jp/articles/2017/03/04/07355667.html…

技術的には問題がなく安全性も確認された地下空洞についても、きちんと事情を把握していなかったとして管理職を処分した小池さん。さらに知事の責任を厳格に捉える小池さん。その論理だと今回のこの不適切な水質モニタリングの責任は全て小池さんが負わなければならない。これまでのブーメランだ。 https://twitter.com/t_ishin/status/838071869727109120…

(石原会見)東京ガスの瑕疵担保責任の免除はあの状況なら妥当だ。しかし石原さんは浜渦さんや担当部局から報告を聴取していない。ここが知事の職務懈怠だ。本来は報告を聴取し議論し瑕疵担保責任を免除するのが知事の責任。たまたま瑕疵担保責任の免除が妥当だったので結果オーライだっただけだ。

この瑕疵担保責任の免除のような事項については組織的意思決定をすべきですね。それが知事の責任です。府市なら戦略会議マターです。報告がなければそれは組織の問題であり最終的には知事の責任。聞いていなかったは通用しないでしょう。これは民間の経営者でも同じ。ただし瑕疵担保責任の免除は妥当。 https://twitter.com/arimoto_kaori/status/838079105534853120…

(石原会見)知事職は想像を絶する仕事の量だ。これは経験した者でなければ分からない。石原さんの言いたいところは分かる。でも問題事項について「聞いていない」はダメだ。聞いた上で大丈夫だと判断したのであれば何の問題もない。そこは真摯に反省すべき。ただし瑕疵担保責任の免除は何ら問題ない。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ





コメントを残す