広がる持続血糖モニタリングの有効性 – Medical Tribune (登録)

Home » モニタリング » 広がる持続血糖モニタリングの有効性 – Medical Tribune (登録)
モニタリング コメントはまだありません

広がる持続血糖モニタリングの有効性|連載・特集|Medical Tribune

検索を開く

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)
ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)
 ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)へ戻る

インスリン頻回注射療法の患者でも確認
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) | 2017.03.08

研究の背景:これまではインスリンポンプ療法で有効性が示されてきた

 24時間の血糖変動を瞬時に把握することができる持続血糖モニタリング(continuous glucose monitoring;CGM)は、これまでにも1型糖尿病患者の血糖管理(HbA1c)の改善や安全性の向上(低血糖頻度の低下)に資することが示されてきた(関連記事)。

 しかし、これらのデータはほとんどがインスリンポンプ療法において示されてきたものであり、多くのインスリン療法患者が行っているインスリン頻回注射療法でも、そのような血糖管理の改善や安全性の向上が得られるかはよく分かっていなかった。

 このたび、JAMA2017;317:371-378)にランダム化比較試験DIAMONDの結果が報告され、インスリン頻回注射療法患者においてもCGMがHbA1cを改善させ、低血糖頻度を少なくさせることが示された。CGMと同様の血糖プロファイルの情報をより簡便に得られるflash glucose monitoring(FGM;関連記事)普及前夜のわが国において、この情報は重要であると考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください


関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

連載記事一覧

関連記事



カテゴリ

領域別カテゴリ

テーマ別カテゴリ

サービス

関連サイト



コメントを残す