モニタリング手順変更、都側「違反に当たらず」 都議会豊洲特別委 – 産経ニュース

Home » モニタリング » モニタリング手順変更、都側「違反に当たらず」 都議会豊洲特別委 – 産経ニュース
モニタリング コメントはまだありません

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を集中的に審議する都議会の特別委員会が13日、開かれた。有害物質の数値が急に上がった9回目の地下水モニタリング調査が、都の指示でそれまでと異なる手順で実施されていたことについて、都は作業を急いだことを認めたが、国のガイドライン違反には当たらないとの認識を示した。

 4日の特別委の参考人招致で、9回目の調査を担当した業者が違う手順を都から指示されたと証言。国のガイドラインは、異物が混じらないよう観測井戸のたまり水を一度抜く「パージ」という作業をするよう定めているが、1~8回目はパージした翌日か翌々日に、9回目ではパージ当日に採水していた。

コメントを残す